バレンタインデーの愛の誓いの日

バレンタインデーの愛の誓いの日

バレンタインデー、または、聖バレンタインデーは、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる。

もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていた。

ユノの絵画

当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日だった。

ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。

翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。

当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。

祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。

翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。

そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。

日本では、1958年ころから流行した。

ただし、その内容は日本独自の発展を遂げたものとなっている。

流通業界や製菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、日本社会に定着したのは、1970年代後半であった。

チョコ画像

「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころであった。

なお、バレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのではと最初に考案して実践したのは、一説に大田区の製菓会社メリーチョコレートカムパニーの原邦生であるとされる。

日本では、女性が男性に愛情の告白として、本命チョコを贈る習慣がある。女性から男性へ贈るのが殆どという点と、贈る物の多くが『チョコレートに限定されている』という点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴である。

しかし最近では、本命チョコにこだわらず、クッキーやケーキ、マフラーなどを贈る人もいる。

また、「恋人までは行かないが、友人として」贈る「義理チョコ」、同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」、男性が男友達に送り合ったりする「強敵(とも)チョコ」というものも見られる。

「日本型バレンタインデー」の特徴を整理すると、以下の3点となる。

◆贈答品にチョコレートが重視される点>

◆女性から男性へ一方通行的贈答である点

◆(女性の)愛情表明の機会だと認識されている点

折角の機会です、チャンスは逃さず大いに利用しましょう!

更に翌月14日はホワイトデーとして、告白に対する返事をしなければなりません。

相応の贈り物を添えて、より良いご返事をしましょう!

成就を期待します。



f:id:k_gurume:20161226171928j:plain



f:id:k_gurume:20161226171940j:plain



f:id:k_gurume:20161226171957j:plain



f:id:k_gurume:20161226172237j:plain



f:id:k_gurume:20161226172251j:plain